知りたい韓国 SEDOコラム
オプショナルツアー商品リンク
OK ソウル漢江のヨット乗...
補身湯 (犬の肉のスープ)
韓国マッコリ作り体験
三清洞(サムチョンドン)スジェ...
江北・江西地区 最旬スポット...
私は江南っ子!全日コース
韓流美人を目指せ! 江南(カ...
遺跡をめぐる! 慶州日帰りツ...
遺跡をめぐる! 慶州日帰りツ...
韓国民俗村ツアー
世界文化遺産 水原華城行宮ツ...
アミューズメントビル 63ビル...
楽しさがある探険スペースCO...
海印寺ツアー
韓国の魂をたどる旅:水原城 ...
韓屋(ハノク)で韓国生活体験
コミック・マーシャル・アーツ...
ソウルの夜景ツアー
ソウル市内ツアー + ショッ...
韓国の家で ディナーショー
江北地区 最旬スポットめぐり...
失われた王国 伽耶(かや)探索...
世界文化遺産 昌徳宮・宗廟 ...
安旨!! B級グルメツアー
私は江南っ子2!全日コース
若さが息づく街巡り (移動は...
ドローイングショーヒーロー(...
ビジネス通訳士(日本語⇔韓国...
日本語観光ガイド手配(半日)
OK トランスジェンダー・...
ボスを守れロケ地ツアー 【ジ...
ボスを守れロケ地ツアー【チソ...
ボスを守れロケ地ツアー【MI...
百済文化の故郷 公州 ・ 扶...
韓国伝統礼節文化体験 
私は江南っ子 半日コース
韓国の隠れた絶景 丹陽日帰り...
ソウルから安東日帰り観光
釜山市内観光
「私の期限は49日」(原題:「...
ずっと思い出に残る風景「童話...
DMZ 中部戦線
お客が選択ソウル市内のドラマ...
文学の名所を求めて(そばの花...
釜山発 密陽アリラン発祥の地...
後百済の都として栄えた歴史と...
思い出の旅!!江原道・旌善ア...
李朝時代の伝統文化や家並みが...
ノンバーバルパーフォーマンス...
専用車 + 専門ガイド 1日...
専用車 + 専用ガイド 1日...
ソウル専門日本語ガイド + ...
送迎サービス(空港~ホテル・...
ソウル江北の旅(徳寿宮交代式...
ソウル市内 半日観光3
ソウル市内観光 (定番コース...
ソウルの遊び天国 ロッテワー...
漢江遊覧船ツアー (夜には幻...
日本語観光ガイド手配(1日)
ソウル市内全日観光 + ショ...
あなたにピッタリのものがきっと見つかる!

海印寺ツアー

地方 閲覧数 1303 推薦数 0 2011.03.26 23:18:33

◆釜山発◆ 海印寺ツアー海印寺ツアー

専用車
ガイド
食事
入場料
商品価格 ¥11,000~¥30,000
簡略紹介 海印寺は韓国の3大寺院の一つです。ここには世界文化遺産に指定されている八万大蔵経というお経の木版画が千余年の歳月の中で原型のまま保存されています。また、こちらで召し上がる山菜定食は人の心を魅了するでしょう。
コース 釜山地域のホテル→海印寺→伽耶古墳群→ホテル
所要時間 約10時間  
 
予約やお問い合わせ
Tweet Facebook お気に入りに追加
※ 旅行代金には航空券代は含まれておりません。

 

 
3.0万円 2.2万円 1.8万円 1.6万円 1.3万円 1.1万円

 

海印寺は、外国人と一般の人々のためにテンプルステイも進めています。救国の願いが込められた民たちが力を合わせて作成された八万大蔵経は、2011年が完成してから千年の年になり、2011年に大蔵経千年世界文化祝典を準備しています。

 

また、昔の朝鮮時代の時に日本の官僚たちが、朝鮮使節団からの贈り物として最も欲しがっていたことが大蔵経の拓本だったそうです。おいしい山菜定食と海印寺のよい運気もたくさん浴びて帰り道には伽耶古墳群にも訪ねます。

 

海印寺を抱いている伽倻山は小白山脈の支脉に位置し、標高1430mの山で法宝宗刹の海印寺の主山であり、朝鮮八景の一つに数えられる名山です。特に籠山亭(ノンサンジョン)がある红流洞の十里の渓谷は、水石と紅松が調和した美しい景観を保ち続けています。

 

この秀麗な山に位置している海印寺は統一新羅期に建立された古刹に1398年[太祖7]以来、八万大蔵経を保管している寺として知られており、高麗高宗代に制作された八万大蔵経は、現存する大蔵経のうち最も膨大で、最も正確なもので、世界最高のものといわれています。(世界文化遺産)

 

ここには八万大蔵経のほか、海印寺藏经板库、般若寺、元景王师碑、月光寺址、石塔、淸凉寺の石造释迦如来坐像などの国宝や宝物が伝えられており、光海君の内外と尚宮服が重要民俗資料として保管されて伝えられているなど、多くの文化遺産が残っている所でもあります。

 

 

 

 

 

Haeinsa00.jpg

海印寺入口にあるレストランやお店そして、いろいろな品々を見ることができる、海印寺堡博物館があります。そして、きれいな水が流れる渓谷の水はなぜか心まで浄化される気持ちを感じさせてくれるでしょう。ここから海印寺までの距離は約1kmです。

 

 

Haeinsa09.jpg

身につけて通えばいい達磨画自分の誕生日をつまんで入れて描いています。価格は10,000₩

 

 

Haeinsa10.jpg Haeinsa11.jpg

海印寺の入り口の石碑の通り(碑林)

 

海印寺の入り口の石碑の通りには、海印寺史積碑,その他20余基の功徳碑が安置されている。石碑の通り裏手の丘には、磁雲(1911〜1992)、成哲(1912〜1993)、惠唵(1920〜2001)、壹打(1929〜1999)僧侶の行跡は雨が降っ舎利をお連れしたあります。

 

 

Haeinsa12.jpg

一番後ろには韓国の有名高僧成哲僧侶の舎利が位置しています。この舎利は、伝統的な美しさをモダンな造形言語として新たに解釈したものだそうです。中央は、完全な悟りと真の真理を象徴して、そっとなどを突き合わせている半球は、満開の蓮の花を表現し、大きさの異なる正方形の3段の基壇は、三年生と、実行プロセスを意味するとしています。舎利を取り囲んでいる参拝台は、前面から背面に移動するにつれて、徐々に高まったが低くなるのに、これは永遠に永遠に流れる時間の無限性を象徴すると....

 

 

Haeinsa13.jpg Haeinsa14.jpg

いよいよ、海印寺の一柱門!

 

海印寺は、量産の通度寺、順天(スンチョン)の松広寺とともに三大宝寺刹に数えられるが、こごは八万大蔵経です。韓国ではよく、海印寺は、まず最初に思い浮かぶのが、世界文化遺産に指定された八万大蔵経...!八万大蔵経のほか、海印寺境内には国宝級文化財があり、また、入り口から海印寺に入る道に沿って流れる海印寺と伽倻山の気分を存分に添えています。さあ、今から一柱門をはじめ、海印寺にGoGo〜

 

Haeinsa15.jpg

ゴサモク(故死木)

 

この木は、新羅第40代哀障王(3年(西暦802年)に順応と里程両方のお坊さんの祈りと哀障王妃の難病が完治されると、王がこの恩徳に感謝して、両方のお坊さんが実行していた場所で、海印寺を創建することがようにしたが、この時、これを記念して植えた木だと伝えられています。 1,200余年の歳月の間、海印寺とともに成長してきて、1945年の樹齢を尽くして枯れ、今は形體残る海印寺の歴史を物語っています。

 

 

Haeinsa16.jpg

鳳皇門の中で一柱門を眺め見る。涼しい風がそうな感じ。

 

海印寺に入ると一柱門、鳳皇門、解脫門という3つの門の順に通過されるが一柱門は一心ことで、俗世を離れて悟りの世界に向けた第一歩を踏み出す門という意味を持っています。一柱門と鳳皇門(サチョンワンムン)を過ぎて継続して急な階段を上がると、一切の煩悩から脱して仏の世界の人々が点灯(不二)の世界に入るには解脫門に達することになるが、残念ながら解脫門は、現在補修工事中だから通り過ぎることができません。

 

一柱門でヘタルムンに至るまでの階段は、三十三本では須弥山の頂上にある忉利天の33天(天)を象徴するとしています。上がり、一つ二つ...数えてみてください^ ^

 

 

Haeinsa17.jpg Haeinsa18.jpg

Haeinsa19.jpg Haeinsa20.jpg

大雄殿と八万大蔵経を保持しているという蔵経格行く道

 

 

Haeinsa21.jpg Haeinsa22.jpg

Haeinsa23.jpg

Haeinsa24.jpg Haeinsa25.jpg

迷路のような、この翌年も54度折って回る間、華厳経をまとめた210文字法聖系ものを心に体得しながら進むと悟りに達するようになり、無数の功徳を達成し、惡運を破棄して望む願いを達成することになるとしています。法聖系が書いてある紙を購入して、裏面には自分の願いを書いてみてください〜

 

 

Haeinsa26.jpg

海印道もや階段を上がると、海印寺の中心法堂の前には石などと丁寧な石塔が建っている。

 

 

Haeinsa27.jpg

 

 

Haeinsa28.jpg

八万大蔵経を保管している全角で国宝52号ユネスコから指定された世界文化遺産です。数百年が過ぎた今でも八万大蔵経が、そのまま保存することができた理由の一つは、湿度や温度などを考慮した科学的に設計された、まさにこの蔵経格です。の中に直接入って行って見ることはできず外から桟の間に見る必要があります。ここでは写真撮影をすることがない

 

 

Haeinsa29.jpg

藏經板殿の前で眺めた静かな海印寺の様子です。

 

 

Haeinsa30.jpg

海印寺の下る道

 

 

Goryeong01.jpg Goryeong02.jpg  Goryeong03.jpg Goryeong04.jpg  Goryeong05.jpg

Goryeong06.jpg  Goryeong07.jpg

海印寺探訪を終えてからの行き先は高霊池山洞古墳群です。大加耶時代の古墳の約200基が集まっています。高霊は行くの低い国の中で最も強力な大加耶の中心地としては、池山洞古墳群は、大加耶の王陵をはじめ、貴族の墓と推定されています。

 

一番高いところにある古墳は、規模が最も大きく、下に行くほど、古墳の大きさが小さくなる特徴があり、最大の44号墳は、加耶の錦林王陵という話もあります。

 

この44号墳では、国宝138号である加耶金冠をはじめ、数多くの文化財が発掘され華麗な大加耶の痕跡を知ることができます。また、この古墳で韓国初の殉葬の痕跡が発見されたところでもあります。殉葬とは主君などの死を追って臣下などが死ぬ(死に殉じる)古代の葬礼儀式です。
 

封墳の封墳をつなぐ4㎞の散策路は、1500年前の大伽倻へタイムスリップした気分になります。 

 

 

 

sakura00.jpg

いたる所に桜が満開の4月ころ、高齢の人々は'大加耶祭り』も繰り広げられます。韓国の名所で、100里桜並木を車で走ると、その気持ちは到底言うことがなく、恍惚状態までにします。

チャンスがあれば桜が咲く季節にも訪ねることをお勧めします。

 

 

添付
トラックバック :
http://www.sedotravel.com/xe/index.php?document_srl=37367&act=trackback&key=9eb
XE Login