知りたい韓国 SEDOコラム
オプショナルツアー商品リンク
OK ソウル漢江のヨット乗...
補身湯 (犬の肉のスープ)
韓国マッコリ作り体験
三清洞(サムチョンドン)スジェ...
江北・江西地区 最旬スポット...
私は江南っ子!全日コース
韓流美人を目指せ! 江南(カ...
遺跡をめぐる! 慶州日帰りツ...
遺跡をめぐる! 慶州日帰りツ...
韓国民俗村ツアー
世界文化遺産 水原華城行宮ツ...
アミューズメントビル 63ビル...
楽しさがある探険スペースCO...
海印寺ツアー
韓国の魂をたどる旅:水原城 ...
韓屋(ハノク)で韓国生活体験
コミック・マーシャル・アーツ...
ソウルの夜景ツアー
ソウル市内ツアー + ショッ...
韓国の家で ディナーショー
江北地区 最旬スポットめぐり...
失われた王国 伽耶(かや)探索...
世界文化遺産 昌徳宮・宗廟 ...
安旨!! B級グルメツアー
私は江南っ子2!全日コース
若さが息づく街巡り (移動は...
ドローイングショーヒーロー(...
ビジネス通訳士(日本語⇔韓国...
日本語観光ガイド手配(半日)
OK トランスジェンダー・...
ボスを守れロケ地ツアー 【ジ...
ボスを守れロケ地ツアー【チソ...
ボスを守れロケ地ツアー【MI...
百済文化の故郷 公州 ・ 扶...
韓国伝統礼節文化体験 
私は江南っ子 半日コース
韓国の隠れた絶景 丹陽日帰り...
ソウルから安東日帰り観光
釜山市内観光
「私の期限は49日」(原題:「...
ずっと思い出に残る風景「童話...
DMZ 中部戦線
お客が選択ソウル市内のドラマ...
文学の名所を求めて(そばの花...
釜山発 密陽アリラン発祥の地...
後百済の都として栄えた歴史と...
思い出の旅!!江原道・旌善ア...
李朝時代の伝統文化や家並みが...
ノンバーバルパーフォーマンス...
専用車 + 専門ガイド 1日...
専用車 + 専用ガイド 1日...
ソウル専門日本語ガイド + ...
送迎サービス(空港~ホテル・...
ソウル江北の旅(徳寿宮交代式...
ソウル市内 半日観光3
ソウル市内観光 (定番コース...
ソウルの遊び天国 ロッテワー...
漢江遊覧船ツアー (夜には幻...
日本語観光ガイド手配(1日)
ソウル市内全日観光 + ショ...
あなたにピッタリのものがきっと見つかる!

◆釜山発◆ 失われた王国 伽耶(かや)探索ツアー失われた王国 伽耶(かや)探索ツアー

専用車
ガイド
食事
入場料
商品価格 ¥9,000~¥28,000
簡略紹介 1世紀〜5世紀に鉄器文化を花を咲かせて煙のように消えた古代王国伽耶。日本からの渡来人と呼ばれる彼らは誰でしょうか?今回のツアーは、古代王国伽耶地域を探訪するコースで構成されています。特別コースとして故盧武鉉大統領の生家を訪問することになります。
コース 釜山→金海(伽耶)→首露王妃陵→国立金海博物館→首露王陵(昼食込み)→大城洞古墳博物館→鳳凰洞遺跡→招仙臺磨崖仏→釜山(夕食込み)
所要時間 約9時間
 
予約やお問い合わせ
Tweet Facebook お気に入りに追加
※ 旅行代金には航空券代は含まれておりません。

 

 
2.8万円 2.2万円 1.8万円 1.6万円 1.4万円 0.9万円

이 부분에 입력

皆さんは、古代王国に伽耶(かや)をご存知ですか? 1世紀から5世紀まで存在して鉄器文化の花を咲かせた王国!しかし煙のように去ったしまった国。日本では渡来人と呼ばれるその人々...伽耶(かや)本土の彼らはいったいどこに消えたのでしょう!またその子孫は、どこで何をして生きているのでしょう!今回のツアーではいろんな疑問点を解決して見ましょう。

 

特別コース!!として高等学校だけ卒業して独学法曹人経て、韓国大統領にまでなった盧前大統領生家も訪問します

 

 

 

 

旅行前に知っておきたい情報

 

伽耶(かや)または伽耶諸国(かやしょこく)は、3世紀から6世紀中頃にかけて朝鮮半島の中南部において、洛東江流域を中心として散在していた小国家群を指す。新羅においては伽耶・加耶という表記が用いられ、中国・日本においては加羅又は任那とも表記された。 

 

4世紀初めに中国の郡県支配が弱まると馬韓と辰韓は自立して百済と新羅を形成したが、その間にある弁韓の諸国は国家形成が遅れた。これは『広開土王碑』や『宋書』から倭国(ヤマト王権)の圧迫を受けたためと考えられている。『日本書紀』ではこれを任那とし、倭に従属した政治的統合体で、倭の出先機関(任那日本府)の存立を記述している。

 

韓国の学者を中心に『日本書紀』の描く任那日本府像をそのまま史実として捉える事はできないと否定する意見もあり、日本の学者の中からも「任那日本府」の名称は『百済本紀』の編纂者がヤマト王権に迎合するために用いたものであり、伽耶諸国と任那日本府とを同一視することは誤りとする説も出されている。また、任那とは伽耶諸国の任那加羅(金官加羅・駕洛国)の勢力範囲を指し、高句麗・新羅に対抗するために百済・倭国と結び、倭国によって軍事を主とする外交機関(後に「任那日本府」と呼ばれた)が設置されていたとする説もある。

 

第二次世界大戦以前の日本における伽耶諸国の研究については、『日本書紀』に現れる任那日本府を倭国(ヤマト王権)が朝鮮半島南部を支配するための出先機関であるとする前提に立つものであった。任那日本府の解釈に沿って日本府を合理的に説明しようとする姿勢から抜け切ることができなかった。そのような解釈は明治期の那珂通世、菅政友らの研究から見られ、津田左右吉を経て戦後に末松保和『任那興亡史』において大成された。その反動として戦後の研究では、日本の出先機関が存在したことを否定しようとする姿勢が強く、現代的政治的欲求からみた解釈に左右されることが多かった。

 

1970年代以降には洛東江流域の旧伽耶地域の発掘調査が飛躍的に進み、文献史料の少ない伽耶史を研究するための材料が豊富になってくるとともに、過去の政治的欲求に基づく解釈から解放された議論が盛んとなった。この時期の日本での代表的論考は井上秀雄『任那日本府と倭』である。

 

1990年代になると伽耶研究の対象が従来の金官伽耶・任那加羅(いずれも金海地区)の倭との関係だけではなく、田中俊明の提唱になる大伽耶連盟の概念でもって、高霊地域の大伽耶を中心とする伽耶そのものの歴史研究に移行していった。また1990年代後半からは、主に考古学的側面から、卓淳(昌原)・安羅(咸安)などの諸地域への研究が推進される一方で、前方後円墳の発見を踏まえて一部地域への倭人の集住を認める論考が出されており、引き続き考古学的調査による解明が待たれている。

 

 

 

 

金海では首露王妃陵, 国立金海博物館, 首露王陵, 大城洞古墳博物館, 鳳凰洞遺跡, 招仙臺磨崖仏などを見回しながら伽耶時代の生活と文化を調べます. 本コース以外にも金海地域しだいが伽耶の地域だったので金海四方が伽耶の遺物遺跡で一杯です.余裕が十分だったらめいめいに見回すのをオススメします!.

 

金海地域の探訪の時立ち寄ってみる特別なコースがあります。大韓民国の16代大統領であるノムヒョン前大統領の生家と退任後に留まった峰下村です。退任後、前職の大統領としてははじめとして故郷に帰った人物で、逝去後の今までも多くの国民たちから愛されている人物です。

Bonghamaeul01.jpg

Bonghamaeul02.jpgBonghamaeul03.jpg

故ノムヒョン前大統領の生家と退任後に留まった峰下村です。 

 

Surowangbi_01.jpg

Surowangbi_02.jpg

次は、いよいよ伽耶(かや)地域の探訪♡→ܫ←♡こちらは首露王妃陵です!金首露王は書記42年生まれて伽耶を建国、インドのアユタ国の姫‘許黃玉‘と結婚しました。これは韓国歴史上最初の国際結婚!!!下の石は婆裟石塔として許黃玉姫がインドから来る時風浪を寝かせるために持って来たと言います. どうして遠く離れたインドの姫と結婚することになったでしょうか? ガイドさんから詳細説明を聞いてみてください~

 

GimhaeMuseum01.jpg

GimhaeMuseum02.jpgGimhaeMuseum03.jpg

GimhaeMuseum04.jpgGimhaeMuseum05.jpg

GimhaeMuseum06.jpg

次に探訪するこちらは国立金海博物館です. 伽耶発展時期の遺物から後期の遺物及び対外交流を見せてくれる遺物, 伽揶人たちの生活遺物など金海地域で出土された伽耶の遺物たちが全部集まっています. 特に伽揶の土器は日本のスエキ土器に影響を与えたと知られています

 

Surowang01.jpg

Surowang02.jpg

こちらが 首露王陵... 慶州(キョンジュ)での雰囲気とは少し違いますね!

 

DaeseongdongGobun01.jpg

DaeseongdongGobun02.jpgDaeseongdongGobun03.jpg

こちらは大城洞古墳博物館!博物館の前には長さ 約 300m, 高さ 20m程度の丘陵地帯の古墳群があります. 丘陵頂上部には 4~5世紀の墓が密集されていて, 三韓時代の狗邪国(狗邪韓国)段階で金官伽耶時期までの墓が発見されて, 我が国の古代墓の形式の変化過程を見せてくれるし, 中国製の鏡や土器類で日韓中の文化交流状況を明らかにしてくれていて、重要な資料として評価されています.

 

BonghwangdongYujeok_01.jpg

BonghwangdongYujeok_02.jpgBonghwangdongYujeok_03.jpg

韓国の南部地方の 1~4世紀頃の生活を見当できる鳳凰洞遺跡地は貝殻と生活ごみが一緒に捨てられ積もっている所として貝塚で出土された遺物としては土器,骨, 石器, 紡錘車, 炭火米、中国貨幤である貨泉, 動物骨らがあります.

 

Choseondae02.jpg

Choseondae03.jpg

次の所は招仙台磨崖仏です. 駕洛国の 2代王である居登王が仙人を招待して琴と囲碁でお互いに楽しんだと言う伝説がある招仙臺の岩壁に浅い線刻で刻まれた仏像として一名居登王の肖像画と伝わっています. しかし, 頭が身体に比べて大きく、表現が単純な手法でみると高麗時代の阿弥陀磨崖仏に推定されます. 大きさは高さ 5.1m, 肩幅 2.5mとして金海地方で一番大きい仏像で数えられています.

 

古代の日本の遺物と同じ遺物が発見される神秘な地域である金海。伽耶(かや)の遺物、遺跡を見ながら皆様はどうでしたか?伽耶のものはなぜ日本のモノと同じ模様をしているでしょう。専門家の解説と伽耶を探訪しながら大分の疑問が解けたと思います。

 

 

XE Login