知りたい韓国 SEDOコラム
オプショナルツアー商品リンク
OK ソウル漢江のヨット乗...
韓国マッコリ作り体験
江北・江西地区 最旬スポット...
私は江南っ子!全日コース
遺跡をめぐる! 慶州日帰りツ...
遺跡をめぐる! 慶州日帰りツ...
韓国民俗村ツアー
世界文化遺産 水原華城行宮ツ...
海印寺ツアー
韓国の魂をたどる旅:水原城 ...
韓屋(ハノク)で韓国生活体験
ソウルの夜景ツアー
韓国の家で ディナーショー
江北地区 最旬スポットめぐり...
失われた王国 伽耶(かや)探索...
世界文化遺産 昌徳宮・宗廟 ...
安旨!! B級グルメツアー
私は江南っ子2!全日コース
ビジネス通訳士(日本語⇔韓国...
日本語観光ガイド手配(半日)
百済文化の故郷 公州 ・ 扶...
韓国伝統礼節文化体験 
私は江南っ子 半日コース
韓国の隠れた絶景 丹陽日帰り...
ソウルから安東日帰り観光
釜山市内観光
ずっと思い出に残る風景「童話...
DMZ 中部戦線
お客が選択ソウル市内のドラマ...
文学の名所を求めて(そばの花...
釜山発 密陽アリラン発祥の地...
後百済の都として栄えた歴史と...
思い出の旅!!江原道・旌善ア...
李朝時代の伝統文化や家並みが...
ノンバーバルパーフォーマンス...
専用車 + 専用ガイド 1日...
ソウル専門日本語ガイド + ...
送迎サービス(空港~ホテル・...
ソウル江北の旅(徳寿宮交代式...
ソウル市内 半日観光3
ソウル市内観光 (定番コース...
漢江遊覧船ツアー (夜には幻...
日本語観光ガイド手配(1日)
ソウル市内全日観光 + ショ...
板門店(JSA)ツアー
ソウルでテコンドー体験
貞洞劇場 伝統芸術舞台  M...
龍仁大長今パーク
韓国民俗村 + 水原華城(世界...
利川陶磁器体験
江華島(カンファド) 
南怡島&タッカルビの本場春川...
専用車 + 専門ガイド 1日...
あなたにピッタリのものがきっと見つかる!

◆ソウル発◆ ソウルから安東日帰り観光ソウルから安東日帰り観光

専用車
ガイド
食事
観光
商品価格 ¥10,000~¥38,000 
簡略紹介 ユネスコ世界遺産の美しき日々の主役だったリュシウォンの本家安東河回村で一日を〜 韓国の無形文化財と有形文化財が多数!様々な公演の見どころはもちろん、古宅を与える美しい風景は、忘れられない記憶に残るのに十分です。
コース ホテル→ソウル駅→KTXにて大邱→昼食及び安東観光*河回別神グッ仮面劇,芙蓉臺(プヨンデ),河回洞仮面博物館など→夕食→大邱→KTXにてソウル→ホテル
所要時間 全日(約14時間30分)
 
予約やお問い合わせ
Tweet Facebook お気に入りに追加
※ 旅行代金には航空券代は含まれておりません。

 

 
3.8万円 2.8万円 2.2万円 1.8万円 1.5万円 1.0万円

 

ユネスコ世界遺産に指定された安東河回村は韓国の豊山柳さんの一家が600年間で位置しているところであり、日本でも有名なリュシウォンの本家でもあります。柳(リュウ)さんがここに住む前には、許(ホ)と安(アン)の名字を使う人たちが先に住んでいましたが、河回の仮面の製作者が許(ホ)さんだと言う話が語り継がれており、様々な無形文化財をはじめ、国宝があるところです。

 

ソウルでは多少距離があるので、KTXやバスを利用して、ツアーが行います。下記のスケジュールを参考にしてください。 

 

(( 詳しいコースの内容 )) 

 

07:00 - 08:30 各ホテルソウル駅移動
08:30 - 10:30 KTX利用 ソウル→ 大邱(約1時間40−50分)

10:30 - 12:10 大邱 → 安東 (バスで約1時間40分所)
12:30 - 13:00 屏山書院 → 食事 (バスで約20分所)
13:00 - 14:00 昼食(塩さば又はチムタク)
14:00 - 18:00 河回村観光 *河回別神グッ仮面劇,芙蓉臺(プヨンデ),河回洞仮面博物館など

<2012年 「河回別神グッ仮面劇」常設公演案内>
 • 日付: 2012年 3月 3日(土) ~ 12月末まで /毎週 水、土、日曜日 午後2時~3時
          2012年 6月 ~ 10月 /毎週 水、金, 土、日曜日 午後2時~3時
18:00 - 21:30  安東 → 大邱→ KTXにてソウル、各ホテルへ

 

*専用車・専属ガイドがご案内します。

*コースの順序や内容は現地事情により変更となる場合がございます。

 

安東(アンドン)に到着後、まず最初に向かったのは屏山書院です。屏山書院は朝鮮時代の儒学者である柳成龍(ユ・ソンヨン)が豊山柳氏の教育機関である書堂(ソダン)を1572年に現在の位置に移して建てた書院だそうです。1612年に弟子達により、柳成龍の位碑を祀って現在に至っているそうです。朝鮮時代5大書院のひとつとして有名で約3000冊の書籍が保管されていたそうです。

 

日本語のHPもありました→ 屏山書院ホームページ

 

 

201105161305534360209.jpg201105161305534372536.jpg

書院の入口の晩対楼の柱と柱の間から見える洛東江と屏山は絶景だそうです!
(現在は立ち入り禁止になってしまったそうです・・・。残念。)
 

 

201105161305534406253.jpg201105161305534417123.jpg

屏山書院の講堂

 

講堂に腰をかけて、しばし瞑想・・・。風が涼しく、静かで鳥達のさえずり声が聞こえてきて、心落ち着く瞬間でした。屏山書院をあとにして昼食を食べ、河回村に行きました。

 

河回村は2010年の夏にユネスコ世界遺産に登録をされた村です。6年前に1度行ったきりだったので久しぶりに行ったのですが、その頃とは変わって村に入るまでにお土産屋さんが並んだ広場を通り、そこから村の入口までバスに乗って行きました。

 

 

201105251306308324792.jpg

↑こちらが入口

 

 

201105251306308341235.jpg201105251306308354396.jpg

仮面や人形、いろいろなお土産がたくさん並んでいて見るだけも楽しめました。

 

 

201105251306308443862.jpg201105251306308457483.jpg 

201105251306308499085.jpg201105251306308511692.jpg 

こちらはお面の形をしたお焼き。中はあんこが入っていました~ お土産にぴったり♪

 

 

201105251306308585971.jpg201105251306308599340.jpg

この広場を抜けると村の入口まで行くバスが止まっていました。

 

バスの料金は、大人500₩/学生400₩/子ども250₩だそうです。

(実はこのバスに乗らなくても歩いて行ける距離ですww) 

バスを降りると日本語のガイドさんが出迎えてくれ、河回村ツアーの出発です。

 

 

201106031307086953041.jpg
ようやく入り口に到着!

わらぶき屋根の家とヤンバンの瓦の家がたくさん並んでいました。思ったよりも人が少なく、静かで落ち着いた雰囲気でした。

 

 

201106031307087404306.jpg201106031307087440138.jpg

 コチラはあのヨン様が宿泊したという和敬堂です。記念写真も飾ってありました。

 

 

201106031307087681936.jpg201106031307087703952.jpg

三神堂ご神木です。

家と家の間の細い通りを入っていくと目の前に大きなご神木が目に入ってきてインパクト大!

 

 

201106031307087805425.jpg201106031307087827143.jpg

願い事を書いてご神木の周りに結びつけてきました。

こちらは忠孝堂です。エリザベス女王が訪れた韓屋だそうです。

 

 

201106031307088281677.jpg

普段は入れないそうなのですが、特別に許可をいただいた中を見せていただきました。 

 

 

201106031307088383447.jpg201106031307088395880.jpg

エリザベズ女王が訪れる際に、靴を脱いで中に入るのに段差が高いということで特別に段を作ったそうです。

 

 

201106031307088431605.jpg

そしてこちらが韓流スターのリュ・シウォンさんご家族の方が住まれているという韓屋です。さすが由緒正しいや柳家、立派です!

  

 

201106031307088543355.jpg201106031307088555498.jpg

お家の門、そして表札。下にあるのがリュ・シウォンさんのものだそうです。

 

 

201106031307088712651.jpg201106031307088738489.jpg

河回村の北側を一回りして14時からの仮面劇を見ました。

この仮面劇は、庶民達がヤンバンを仮面劇で風刺をすることで日々の生活に楽を求めたと言われているそうです。

いろんな仮面をかぶった登場人物たち。

 

 

201106031307088852023.jpg201106031307088865034.jpg

201106031307088901420.jpg201106031307088916740.jpg

劇のセリフを理解するのはちょっと難しかったですが、見ているだけでも楽しめます。女性のお面をかぶっていても、俳優さんたちはすべて男性。手振りや歩き方で女性のように見えてしまうのだから不思議です。1時間の仮面劇を楽しんで、バスとKTXに乗り込みソウルに戻りました。

 

 

XE Login